戦時中凄まじい大活躍してた?


たまには爺さんと話してみよう








2 名前: 鉤(三重県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:45:00.06 ID:X3na0Iq8
負傷してさっさと帰ってきました


5 名前: 筆(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:45:30.44 ID:RsaFBkPe
病弱で内地勤務


9 名前: オシロスコープ(神奈川県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 09:45:59.84 ID:O5dqhIBE
脱走見つかってろしあ兵にボコボコにされました


10 名前: グラインダー(宮城県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:46:03.44 ID:3aPyzUFf
肺病みで徴兵はねられたんで後々までばあちゃんから罵られてたらしい


16 名前: ざる(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:46:44.28 ID:tk6ddgQI
高射砲撃ちまくってた
当たったという話は聞いたことがないけど


21 名前: 筆ペン(石川県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 09:47:13.40 ID:Nf6eTygk
海軍兵学校にいたけど、出兵前に終戦したらすぃ
一応地方のエリートだったみたいだ


23 名前: 紙やすり(長屋)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:47:21.81 ID:BVoJSLVh
飛行機乗りで8/17に出撃予定だったらしい。

あと少しで俺、この世にいないところだったわ。


38 名前: 集魚灯(東京都)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 09:49:21.43 ID:udXFxpvc
>>23
惜しかったな


24 名前: ジューサー(鹿児島県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:47:25.28 ID:hDkD8DoY
造船所で働いてたら原爆落ちてきたって言ってた


29 名前: レポート用紙(奈良県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 09:47:52.61 ID:El4NTx7Z
発電所の技術職だったから最後まで招集かからなかった。


45 名前: 液体クロマトグラフィー(西日本)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:51:18.29 ID:E1y0x7Kq
>>29
発電所でよかったな
海軍工廠の技術者は、嫌がらせでことごとく陸軍に徴兵されたからなw


30 名前: 猿轡(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:47:53.02 ID:CK1hJFpP
部隊みんなが満州で中国?人たちと一緒に穴のなかに潜んでいて
特に何も無かったらしい
というか派遣されていたところは概ね平和だったとか


60 名前: 朱肉(ネブラスカ州)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 09:55:39.47 ID:qqWN1Lf6
>>30
大陸、特に奥地以外は比較的食い物もあって安定してたらしいな
爺さまは何事もなく帰ってきたが近衛兵だった祖父兄はインパールの前線に送られて死んだらしい


34 名前: しらたき(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:48:50.80 ID:M6ZuFJTf
シベリアで極貧生活して帰ってきたよ


36 名前: クレヨン(神奈川県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:49:05.02 ID:l/K1Hzmt
満州で戦ってた
ソビエトが不可侵条約破って一気に攻めてきて部隊はほぼ全滅
仲間の死体が転がりまくってる中逃げたらしい


39 名前: パイプレンチ(宮城県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 09:49:30.52 ID:T9ct5bxo
8歳なりに頑張ったらしい


41 名前: 黒板消し(ネブラスカ州)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:50:25.80 ID:ZF9rSbYh
朝鮮からでっかい包丁を戦利品で持って帰ってきてた。
毎年ついた餅を包丁で切るとき自慢してた。


43 名前: マイクロメータ(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:51:13.20 ID:W/ReNdC1
うちの婆さんたまに戦争の時の話してくれるけどいまいちピンと来ないんだよね
空から爆弾が落ちてきて逃げ回ったんだよとか言われてもそんな光景カオスすぎて想像つかねぇ
すげぇ時代に生きてたんだなと思う


48 名前: レーザーポインター(埼玉県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 09:52:29.64 ID:lroYWVeA
婆様満州で看護婦
爺様日本で農業
ってきいた


58 名前: 蛸壺(岩手県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:55:21.97 ID:hwIEHrkb
曾爺さん戦死
爺さん(父方)満州出戻り
婆さんアメ戦闘機のお遊びで機関銃で撃たれるも逃げ切る


64 名前: クレヨン(石川県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:57:04.93 ID:J2eknLZe
満州やらシベリアやら行って辛かったって聞いたことしかないな


69 名前: ゴボ天(福島県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:58:33.02 ID:rF714icn
うちの部隊は一人で20人殺してたが飲みにきた戦友会のジジイどもの自慢だったな
たぶん機関銃でそのくらいやりおった脳筋が何人かいて、それをさも全員がやったように自慢してたのだろう


93 名前: クレヨン(静岡県)[(゚ε゚)] 投稿日:2010/03/30(火) 10:06:03.88 ID:emkv3a9X
>>69
日清戦争だかの時は相手も大した武装してなくて
軍刀一本でバッサバッサと倒していったと聞く


72 名前: 額縁(catv?)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:59:17.56 ID:bwA5j3NJ
慰安婦100人切りしたらしい
その後殉職した
性病で


74 名前: ホッチキス(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 09:59:58.12 ID:DfrvOLla
航空整備兵でチェンマイに。応召前は料亭の板前だったので、現地の
材料でさまざまな和食もどき料理を作り幹部付きになり料理のことし
か頭に無かったらしい。


78 名前: 吸引ビン(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:01:29.00 ID:nuDqRI/V
田舎で従卒やってたから毎日美味いもん食いまくりで
顔がまん丸だったらしい


81 名前: 蛸壺(東京都)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:02:21.51 ID:cO7kUt6q
戦果に関しては語らなかったけど風呂から出たとき自分の軍服(だっけか?)が
無くて懲罰の対象になるのが怖かったから一生でその時だけ人様の物に手を
付けたらしくお前は絶対そんなことするなと涙目で語ってた


82 名前: がんもどき(アラバマ州)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:02:28.78 ID:2L3YqnPf
サイパンで50人程度の部下というか兵士を指揮してたらしい。
暇だったそうで将棋をそこで覚えて結構な棋力だった。

戦果は飛行機に乗って船に爆弾落としたが命中セズ、反撃も無いので至近距離まで近付いてみたら
大きな亀(5m?)が泳いでたらしく、仲間と「当たらなくて良かったなと思うことしきり」との事。
つまり戦果なし!無事日本に帰って来ましたとさ。


84 名前: 黒板消し(不明なsoftbank)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:02:39.80 ID:YQCidX/W
シベリア抑留から帰ってきたら死んだことになってた程度


95 名前: ビュレット(宮城県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:06:21.77 ID:MpPbwA67
東京から疎開してきた女とやったとか
くだらない色話ばっかだったわ


101 名前: 朱肉(大阪府)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:07:50.92 ID:84yX5qQ0
気に入らない上官のメシにフケ入れてざまあwwwしてたと言ってた


107 名前: 電子レンジ(静岡県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:09:30.47 ID:bnW3zdgR
中国戦線で白兵戦にめっぽう強く、中国兵を斬りまくってたが鬱になって帰国
日本での休養中は落ちてきた自軍機やB29の残骸を拾ったりしていた
「さて、そろそろ軍に戻るか」って時にそのまま終戦


110 名前: クレヨン(静岡県)[(゚ε゚)] 投稿日:2010/03/30(火) 10:09:57.45 ID:emkv3a9X
曾爺さんはなんか勲章もらったみたい
爺さんも両方戦争行ったみたいだけど
とうとう戦争の話を聞くことは無かった

戦争の悲惨さを伝えるのは大事だけど
身近な人が人を殺したかもしれないってコトをさあ
幼心にそういうことを聞くのはタブーだと思うのも
戦争はダメだってキモチに大事なコトだよな


111 名前: 浮子(島根県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:10:06.10 ID:vFdJwSFH
召集されたけど戦地に出る前に大阪で空襲にあって逃げ回って何もしないうちに終戦
ほとんど歩いて帰ってきたらしい


117 名前: 蒸発皿(大分県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:10:50.88 ID:tExONOYy
ギリギリセーフで行かずにすんだけど
近所の若い衆がみんな戦争に行ってたんでかなりモテモテで
あんまりモテるんでヒイ婆さんから「絶対出を出すな」とやかましく言われてたらしい。w


123 名前: 硯箱(新潟県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:13:40.79 ID:9svqaRQY
大叔父(爺ちゃんの兄貴)が元情報将校で戦後シベリアに抑留されてたらしい
帰国後もロシア語の新聞を愛読するなど奇行が目立ち警察にマークされてたんだとか


124 名前: 鉋(三重県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:13:59.71 ID:c2wmxluX
終戦直後は敗残兵呼ばわり
終わった後も日教組とかの教育でボロクソ言われる
小学生「戦時中のやつらってアホだよなww(お前らの爺さんも生きてたかも知れない時代なのに)」

ウヨとか関係なく可哀相だよね


125 名前: クレヨン(千葉県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:14:04.99 ID:vwqUyPzi
父方の祖父は満州で戦ってて今も存命。
階級は聞いてないけど前線から帰還してるし活躍したのだろう。
母方の祖父は海軍中佐。10年くらい前に逝去。
武家の子で生まれ付きの軍人、鬼だったらしい。
二人とも戦闘の様子は話してくれなかったな。
瓦礫の下から半死人に足首掴まれたとか悲惨だとかそういう抽象的な事しか。


129 名前: コイル(福岡県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:14:27.65 ID:iUCsgx1b
うちのじいちゃんも満州行ってた、満州でばあちゃんと出会ったらしい
潜水艦の乗組員だったらしい
騎馬5段柔剣5段で90越えてるのにムッキムキだ
無口なので全部ばあちゃんから聞いた
思えばじいちゃんと会話したことない、戦争越えた男って皆そうなのか?
親戚同士の会話も嫌いらしくいつも「将棋やるぞ」って行ってずっと俺と将棋さしてた
そのときも終始無言だった。手加減無しでコテンパンにされてたが怖くて逃げれなかった


151 名前: じゃがいも(東京都)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:23:12.58 ID:76F3myE0
>>129
老人ホームでバイトやってるが
満州とかに行った人とかはみんな無口だ
陸戦を経験した人は他の人にはない何かを見てしまったのかもな

海軍の人はとてもよくその頃の話をする
あと一人特攻隊だった人がうちにいるんだよ
特攻したのに失敗して助かったという人だった
通常、特攻隊で生きている人は整備不良で引き返してきたりとか
特攻隊に入ったが終戦になった人ぐらいで

特攻して生き残った人は極まれにしかいないが
終戦で戻ってきた時は周りから素直に喜ばれないが親からは表向き喜ばれず
裏では泣いて喜ばれたとよく話す
軍からは特攻を成功させ死んだ事にされてたらしいからな



165 名前: 筆ペン(石川県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:26:25.14 ID:Nf6eTygk
>>151
海軍はどういうわけかかなり人と人のつながりが強いらしい
俺のじいちゃんも兵学校時代の友人とは生涯いろんなつながりがあったし
みんなエリートばっかだから終戦してもみんな何かしらで身を立ててお互いたすけあってたみたい


131 名前: ペン(関東・甲信越)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:14:43.66 ID:9PKarTU4
ヘルメット付近がカッと熱くなったが
特に痛くなかったのでそのまま戦闘
後で見たら、ヘルメットを突き破り、内周に沿って
銃弾がそのまま一周したらしく、皮膚も同じ様に焼けてた

らしい


133 名前: ろうと台(東京都)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:15:46.22 ID:HNK5F5BT
満州の開拓団に行ってたけど、根こそぎ動員→シベリア送りのコンボ食らったよ

で帰ってきたらアカのスパイと近所の連中に見られ就職の再斡旋も上手く行かずに
起業してこれが大当たり、今まで白い目で見てた連中が掌返しで寄ってくるのをみて
こんな連中の為に戦ったのかとその時はがっくりきたそうだ


137 名前: ホールピペット(栃木県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:17:34.59 ID:cPIjnGRh
家の爺ちゃんは痩せ過ぎてて兵役検査で落とされ飛行場で0戦作ってた。
終戦の日にはみんなどさくさに紛れてコクピットとかバラして持ち帰ってたと聞かされた。
ひ弱なくせに子供6人も生ませたちゃっかり者w
痩せの種馬という遺伝子はしっかり孫の俺にも受け継がれている。ヒヒーンw


140 名前: クレヨン(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:19:46.04 ID:rzJCjx4d
うちの爺ちゃん赤紙が三回来たらしいよ。


154 名前: オートクレーブ(catv?)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:23:19.87 ID:x4TpuN+0
>>140
大陸で2年間とか済まして又末期に来たりとか複数回呼ばれた人も多かったってね


142 名前: 鉋(三重県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:19:59.99 ID:c2wmxluX
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%A9%E5%9D%82%E5%BC%98

お前らのじいちゃんにこういうのいないの?
そうそういるもんじゃあないとは思うが


198 名前: 丸天(宮城県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:36:52.58 ID:5SsY83oX
>>142
なにこのスネーク
日本人でこんな人がいたのか・・・


593 名前: シャープペンシル(アラバマ州)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 19:33:58.66 ID:9sSJ2++Z
>>142
すごすぎ・・・


159 名前: クレヨン(関西地方)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:24:31.15 ID:qaIGW2/Q
死んだ爺さんは、上官に殴られた話しかしなかったな。
丁稚上がりの商人だったから、それでも上手く立ちまわったって言ってたわ。

入院中の爺さんは、行軍中、銃が重くて途中で捨てたとか、
ヘルメットを茂みに捨てたとか、そんな話ばっかり。


185 名前: 画架(関西)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:32:53.00 ID:UB8o5pWC
うちのは日本語教える教師やってたな
生徒に優しかったらしく今でも教え子が誕生日祝ってくれてる


188 名前: 硯(関東・甲信越)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:33:54.45 ID:ZO45g7Ld
父方のじいちゃんは農家の家長で召集されず。
父ちゃんの従兄二人が召集され、一人は南方で補給艦の高射砲手。配属の理由は
「遠視なら遠くの敵機が見えるだろ?」
もう一人は満州で歩兵。曰く
「敵地で拾った銃の方が性能は良かった」


191 名前: クレヨン(catv?)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:35:09.49 ID:D7ezHCXz
俺の爺さん達も戦争の話は全然しなかった
直接見聞きしたのは、
もうボケちまった旧海軍の爺さんが、夜中に廊下にボーッと立っていたので声をかけたら、
「○○二等兵、船艙異常無しであります!」と敬礼したこと
シベリア帰りの爺ちゃんの工場の工員さんの指が無かったので無邪気に理由を聞いたら、
「ソビエトで無くしたんだよ」と言っていた(戦災に遭った人を優先的に雇ってたらしい)
くらい


196 名前: クレヨン(静岡県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:36:29.52 ID:9nMKgkCp
うちのじいちゃんは、
戦争にはずっと行かなかったらしくて
やっと戦争行ったらすぐ終戦になったって
恥ずかしくてしばらく小屋に篭ってたらしいw


197 名前: 色鉛筆(茨城県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:36:31.55 ID:uI269eoD
東北大学の前身の東北帝国大学を出たてで若くして少尉だった
戦争後はシベリアにいってて、天皇陛下からか国からかわからないけど時計貰って
今も仏壇に添えてあるよ、まぁエリートだけど家庭の父としてはDVしまくりの糞だったらしいけど


223 名前: クレヨン(catv?)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:46:26.66 ID:D7ezHCXz
>>197
ああ、当時の青年層って荒くれ者多いよなw
シベリアから帰ってきた爺さんを見た近所の人一同の最初の言葉が
「ゲ、生きてやがった」だってさ。


216 名前: 黒板消し(catv?)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:42:50.82 ID:uK+pgLZB
死んだじいちゃんは砲兵だったらしい。
榴弾砲は山越えで撃つからつまらないとかカノン砲はトラックでも何でも
ぶち壊すから面白いと昔話してくれた。


220 名前: ホールピペット(栃木県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:45:01.88 ID:cPIjnGRh
墜落した米軍機のパイロットを一般市民が竹ヤリで・・・・という生々しい話しを聞かされたこともあったな。
場所まで知ってると怖いわ。


229 名前: じゃがいも(東京都)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 10:48:23.68 ID:76F3myE0
>>220
そういや似たような話を農家のほうから聞かされたな
思えばあれが唯一の戦争体験の話か

当時空爆で死んだ人がいたが
燃やす場所がなくて軍から「お前の畑でもやせ、そうすれば肥料になる」とかいわれて
死体を自分の畑で燃やしたといってた

そんなことってありえるのか
未だにその畑の場所知ってるし畑のままなんだけど
そこでできる作物に呪いとかかってないよな


230 名前: シャープペンシル(アラビア)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:49:37.00 ID:2injgxGg
徴兵前は競馬の騎手の学校に入ってたので、
「騎兵とか輜重隊とか、なんしか馬に関われる科目ないですかね」
と希望を言ったら「人が乗るのには変わりない」って、
二輪車の運転・修理を覚えさせられたらしい。

よほど馬に乗りたかったのか、西部劇や史劇とか、
騎兵や騎手が出てくる映画・ドラマはなんでも好きな人だったな。
だから喜んでもらおうと思って、
近所のレンタルビデオ屋でお馬さんが出てきそうな映画のビデオは、
みんな借り尽くした。競馬の名レース集とかもよく借りたっけ。

一番お気に入りは「ネレトバの戦い」ていうWW2の映画。
クロアチアの騎兵隊が尻込みする上官を殺して
「突撃しよう。これだけ機械化が進めば、もう騎兵が出る幕はない。
この攻撃がたぶん、この世で最後の騎兵突撃だ」
って、パルチザンの陣地に特攻するシーンがあるんだけど、
いつもそこで泣いてた。戦であれがやりたかったんだろうなあ。


238 名前: 絵具(宮城県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 10:54:21.99 ID:eNXFEBJT
飛来するf6fやb29を防空壕の側から見てはしゃいでいたらしい
あと当時はどんなに形成が不利でも日本が必ず勝つと信じていたらしい
教育は怖いって言ってた


259 名前: 土鍋(東京都)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 11:01:29.54 ID:/xGv4WtK
醤油飲んで終戦まで山の奥に隠れてた


269 名前: オートクレーブ(アラバマ州)[] 投稿日:2010/03/30(火) 11:05:59.26 ID:pW5G8xfR
じいちゃんは戦前からカタワだったので戦争には呼ばれず
でも生活に困るレベルのカタワじゃないので
ばあちゃんと子供達と仲良く暮らしてたらしい

オレ「食べ物なくて大変だったんじゃないの}
バア「畑もあったし別にそれほど食べ物に困ったことないなぁ」
オレ「でも戦争中だし爆弾とか落ちてきたりしなかったの?」
バア「田舎だから敵の飛行機もあんまり来なかった」
オレ「・・・・・・」
バア「・・・・・・」


291 名前: 封筒(広島県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 11:15:55.14 ID:vM0x7ckh
南方の島での銃撃戦の後、自決したらしい。
そういう事が書かれた紙が届いたという話しで、真偽の程は分からない。


302 名前: イカ巻き(大阪府)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 11:19:53.34 ID:8C24YyZ4
>>291
自決したと見せかけてあっちで第2の人生始めてたかもよ。


318 名前: マイクロピペット(石川県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 11:23:39.56 ID:ZQfpDZXd
満州・中国と徴兵され生き残るも、三度目の徴兵がフィリピンのミンダナオ
最後は野戦病院の人間を逃すため囮になって戦死したらしい
遺骨は戻らず土くれだけが戻ってきたらしい


347 名前: 梁(長崎県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 11:40:58.00 ID:pETFtUVG
パラシュートで降りてきた奴を殺してみたら日本兵だった


359 名前: カーボン紙(静岡県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 11:46:12.23 ID:2WWW+WAP
>>347
不謹慎だがワラタw


361 名前: お玉(埼玉県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 11:47:18.52 ID:+8+8KC0t
>>347
その事件があってから、日本軍も飛行服に国籍マーク縫い付けるようになったんだよな。


377 名前: 鉤(神奈川県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 11:57:58.23 ID:EYBDRyME
徴兵されて満州に行ってたけど戦闘は経験することなく幹部候補生かなんかの試験に受かって内地に戻ってきた
だから寒くて便所のウンコが凍っていたとか掃除の時はつるはしでウンコを砕いて運んだとかの話をしてた


606 名前: クレパス(長屋)[] 投稿日:2010/03/31(水) 04:51:54.47 ID:NMg59gO0
>>377
うちの祖父も満州に行ってて「とにかく寒かった」って言ってたわ
ウンコが凍り付いてだんだん積もってきたら、
現地の人を呼んでつるはしで砕いてもらうんだそうな。
祖父の話を聞いてる限りじゃ、現地の人とは仲が良かったような感じだったなぁ


387 名前: 絵具(西日本)[] 投稿日:2010/03/30(火) 12:06:23.84 ID:FZQ7+ycd
落下傘部隊だったらしいけど最初に突っ込んでいくんだよなぁ。
しかも空からw どんだけイケイケだったんだよじーちゃん


401 名前: 足枷(関西地方)[] 投稿日:2010/03/30(火) 12:12:32.19 ID:eC+bdJhH
うちのじいちゃんは医者として東南アジア方面にいったらしいけど
ほとんど戦争の話はしなかったな
代わりにばあちゃんが話してくれたけど野戦病院の状況は戦場よりもすさまじくて
助けたくても助けられなかったつらさがあるから戦争の話はしたくなかったらしい
医者として目の前で死んでいく人に何もしてあげられないのはつらかっただろうな…


418 名前: エバポレーター(catv?)[] 投稿日:2010/03/30(火) 13:03:39.08 ID:QC3XnXnE
潜水艦に乗ってた
海軍だから大和見たことあるかって聞いたら見たことないって言ってた
でも長門には乗ったことあるらしい

子供の頃はながとww何それwwヤマトのパチモンかよみたいにばかにしてたけど
結構有名な戦艦らしくてもっと聞いとけばよかったと思う


420 名前: 液体クロマトグラフィー(西日本)[] 投稿日:2010/03/30(火) 13:06:36.94 ID:E1y0x7Kq
>>418
大和が海軍の象徴のように扱われだしたのは戦後だぞ
戦前・戦中は、戦艦といえば長門で、世界7大戦艦(ビッグ7)と呼ばれた戦艦の一隻だった

「結構有名」どころの騒ぎではない


450 名前: ゴボ天(アラバマ州)[] 投稿日:2010/03/30(火) 14:27:11.73 ID:wtYAMWKp
ミッドウェーで蒼龍に乗ってて、撃沈されるもなんとか生還、
後に坊ノ岬沖で大和に乗って、またもや撃沈されたが
今度もなんとか生還したっていう海軍士官が親戚に居たな。
退艦を勧められた有賀艦長は「俺は絶対に降りないんだ!」
と言って最後まで残ってたそうな。


457 名前: ニッパ(京都府)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 14:34:20.97 ID:ZBG1cgfM
丹波の貧乏農家出だけど、イケメンで体格良かったから皇居で近衛兵してたらしい


504 名前: カーボン紙(宮城県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 16:15:07.86 ID:fI4typIy
まだ小学生だった爺さんが校庭で遊んでたら
米軍機が飛んできて機銃掃射されたらしい
他の生徒は担任と避難したけど、爺さんともう1人は全く反対の方向に逃げたので
あいつらは死んだんだと勘違いされたって言ってた

ちなみにその友人とは今でもお互い「戦友」と呼び合っている


519 名前: エビ巻き(和歌山県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 16:39:08.48 ID:KZoL/tFS
うちのじいちゃんは佐賀で武器問屋をやってて糞儲けたらしい。
軍人さんの宿舎みたいなのもあったらしいわ。
今は糞貧乏だけどな。


521 名前: 浮子(愛知県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 16:40:48.86 ID:fQRpepGu
・母方爺ちゃん
教師で子供達を連れて田舎の疎開先へ。街に残した妻子(祖母・母)がいるのに、
疎開先では女余りのため、不倫セックス三昧の非国民w
戦後天罰があたり事故で下半身マヒになり早死。

・父方爺ちゃん
大陸で満州鉄道勤務、終戦間近に日本の広島へ赴任、広島付近の山を行軍中に
原子爆弾に遭遇、ライターを顔につけたような熱さを感じたらしいが、戦後も
長生きして天寿を全う。


556 名前: がんもどき(長野県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 18:26:49.68 ID:b/0WjpwP
じいさんは南方か満州辺りで攻撃食らって足切断した
90近くまで生きたけど大変そうだったな・・・


585 名前: ピンセット(福岡県)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 19:02:54.67 ID:EWq8jcPJ
ずっと話ゴマ化されてた
多分人殺しまくった記憶思い出したくなかったんだろうなぁ

と思ってたら工場で武器作ってたらしいw


383 名前: 鋸(群馬県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 12:04:25.94 ID:XLt8UqzK
うちの祖父は通信兵だった
すんげー横柄で気に入らないと直ぐに殴ってくる上官がいたそうだが、
そいつがたまたまドラム缶風呂に入っている時にヤシの実が頭の上に落ちてきて死んだとか
みんなで大喜びしたそうだ


386 名前: がんもどき(北海道)[sage] 投稿日:2010/03/30(火) 12:05:41.00 ID:9931qP/C
>>383
マンガかよw


421 名前: 鋸(群馬県)[] 投稿日:2010/03/30(火) 13:07:49.49 ID:XLt8UqzK
>>386
漫画みたいだよなw
最初嘘かと思って祖父と一緒に戦争行った近所のおいちゃんに聞いたらマジだった


424 名前: ゆで卵(東京都)[] 投稿日:2010/03/30(火) 13:16:00.79 ID:OKF27bx+
>>383
本当は硬いもので上司の頭部を・・・
そしてヤシを転がしておく・・・・






引用元
http://tsushima.2ch.net/news/kako/1269/12699/1269909856.html

『お前らのおじいちゃんって、戦時中凄まじい大活躍してた?』へのコメント(103)件

コメントありがとうございます
レス番号をクリックで返信できます

  1. 1 :久々に名無しさん

    ・福島の田舎で適当にいかない理由でっち上げた<br/>・結構なお金持ちだったのに持ち家全部うっぱらって<br/> 満州移住→朝鮮人に全部没収される→国鉄勤務<br/><br/>すごいじいちゃん達です<br/>

  2. 2 :短小のヒロシ

     <br/><br/><br/><br/>     かつて諸外国に侵略と植民地支配を行い、甚大な被害を与えた日本は、<br/><br/>                 反省と謝罪の気持ちを<br/><br/>                     いつまでも忘れるべきではないですね(笑)<br/><br/><br/><br/> <br/>

  3. 3 :久々に名無しさん

    機関砲作ってたと<br/>戦地行くほどには年取ってなくてよかった<br/>

  4. 4 :久々に名無しさん

    幼かった上に田舎<br/>

  5. 5 :久々に名無しさん

    うちのじーさんは石川島播磨の造船所で船作ってたよ<br/>言問橋を渡った時、焼夷弾の炎で親父を背負ってた紐が炭化してたっていってたな<br/>もし落ちてたら、俺はこの世に居なかった<br/>

  6. 6 :久々に名無しさん

    爆弾やら戦闘機やら砲弾の工場やらが写ってる<br/>資料用と思われる写真があるなぁ<br/><br/>カタカナと右読みで補足が読みづらいw<br/>

  7. 7 :久々に名無しさん

    佐倉の兵舎の便所でピーナッツ食ってて怒られたらしい<br/>

  8. 8 :久々に名無しさん

    直接は聞けなかったんで親父経由だが<br/><br/>一斉射撃の後を進軍するんだけど敵兵がごろごろ転がってるわけよ<br/>ただ、死んでないor死んだふりしてる奴が起き上って来て……<br/>ってのがあるんで、<br/><br/>軍刀抜いてぐさぐさぐさぐさぐさぐさぐさぐさ刺しながら歩いたんだと<br/><br/>いや、流石に寒くなったわ<br/>

  9. 9 :久々に名無しさん

    予科練で飛行機の訓練してたら<br/>終戦になったらしい<br/>

  10. 10 :久々に名無しさん

    満州行ってた。戦争は絶対するもんじゃないって言ってた。<br/>気付いたら隣に居た戦友が頭打ち抜かれてたりしたらしい。<br/>昭和天皇に直接貰ったって勲章と、確かその時の写真もあったけど<br/>あれ棺桶に入れてやったのか、ばあちゃんが持ってるのか分からん。<br/>

  11. 11 :久々に名無しさん

    5mの亀ってすごいな<br/>多分誇張入ってるんだろうけど、そうじゃなかったらガメラかアーケロンの生き残りだなw<br/>

  12. 12 :久々に名無しさん

    舩坂弘が死んだの2006年なのかww<br/>たしかシモ・ヘイヘも2000年代まで生きてたよなww<br/>強すぎだなw<br/>

  13. 13 :久々に名無しさん

    短小のひろし、おまえは他のまとめブログにも出没してたろ。<br/>日教組の教育は酷いってレベルじゃないよ。<br/>小六と話してたら、戦場に行って戦った人の話になり、その子は、命を捨てに行くとか馬鹿。だってさ。<br/>馬鹿って何よ…<br/>何様だよ…<br/>

  14. 14 :久々に名無しさん

    前に勤めていた老人ホームでは、海軍の空母で整備やってた人がいた。<br/>少し話したが、認知があって、ほとんど忘れてるみたいだった。<br/>

  15. 15 :久々に名無しさん

    131の話爺ちゃんが言ってたぞ<br/>「人から聞いた話だ」って言ってたけど<br/>家長野県だし・・・<br/><br/>もしかしたらコイツの爺ちゃんと俺の爺ちゃん知り合いかも試練<br/>

  16. 16 :久々に名無しさん

    大連がどうとか白兵戦で生き残ったとか言ってた。<br/>上官殴って金鵄勲章剥奪されたらしい。<br/>

  17. 17 :久々に名無しさん

    楽しかったことしか話してくれなかった<br/>

  18. 18 :久々に名無しさん

    満州で通信兵やってた<br/>

  19. 19 :久々に名無しさん

    父方のじいちゃんは陸軍士官で朝鮮に行ってた。<br/>彼の地では趣味の古銭集めと植物の細密画描くのにあけくれ、そのまま終戦を迎えたそうな。<br/>部下数十人を連れて無事日本に帰ってきたよ。<br/><br/>母方のじいちゃんは海軍士官で艦に乗ってた。<br/>今も写真に残ってる若かりし日のじいちゃんは白い詰襟姿のイケメンで、行く先々でモテてた<br/>らしい。ってゆうか、ばあちゃんという本妻の他に国籍のちがう2号さんと3号さんがおったw<br/>妻妾三人に子ども8人生ませとったww<br/>その内数人は今でも日本の私らと交流があるんだ。<br/><br/>2人とも何しに戦地にいったんだろうwwwww<br/>

  20. 20 :久々に名無しさん

    若かったのでたしか日比谷辺りで銃剣術を一般人に教えてたりしてた。写真も見せてもらったよ。<br/>終戦時は同盟通信の本社?でバイト?してたらしい。<br/>戦後、GHQの将校が社有車を歓楽街までのアシにしようと本社に乱入してきたとのこと。<br/>拒否する従業員(爺様含む)に銃を突きつけたが、結局車は出してもらえず帰ったそうだ。<br/><br/>裏付けはとってないんで、半ばネタとしてくれ。<br/><br/>あとは、家に焼夷弾が落ちたんで木刀で振り落としたとか。<br/>本当かいな。<br/>

  21. 21 :久々に名無しさん

    父方→末期に召集受けた 電気関連ができたこともあり潜水艦系になる予定だったらしい。何かの昇進試験受けたら合格して広島に来るよう辞令が下ったが寸前で原爆が落ち、行けずそのまま終戦<br/>その兄2名も樺太とか行ってるが帰還している<br/>母方→南方戦線でマラリアに罹り帰還。後々誰にも戦争の話はしなかった。よほど辛かったのだろうか<br/>

  22. 22 :久々に名無しさん

    俺の爺ちゃん武蔵に乗ってた<br/>機銃打ってたけど銃弾補充のため席を離れてるあいだに<br/>機銃席がめちゃくちゃにやられて血の海だったとさ<br/><br/>男たちの大和見て俺たちはこんなもんじゃなかったって不満そうだった<br/>

  23. 23 :久々に名無しさん

    13の時に志願兵で海軍に仙台沖で魚雷を食らい沈没漁船に助けられるまで。3時間海を泳いでいたと、軍艦も日露戦争で使っていたそうで、甲板が木造だったとか、陸に上がったとき病院で手や足が無い兵隊を見たときもう日本は負けると思ったと話していた。<br/><br/>上官のしごきで蝉をやれとか(柱にしがみつく)精神注入棒は、木刀の太いやつでお尻を叩かれたみたいです。<br/><br/>戦後上官を見つけて叩きのめしたそうです。<br/><br/>戦争中とは言え、部下味方には節度のある接し方がいいですね。<br/><br/>亡くなったけど、戦争は絶対するな、平和が一番もし俺が生きている間に戦争が起きたら、起こした要因を作った政治家を、殺しに行くと話していました。<br/><br/>政治家は戦争に行かない、泣くのは庶民だけだといい続けていました。<br/><br/><br/>

  24. 24 :久々に名無しさん

    俺の爺ちゃんは満州で憲兵やってたみたいだな。<br/>写真も見せてもらった。<br/>「食う物なくて大変だった」とか言いながら、今で言う慰安婦だった婆ちゃんと知り合って<br/>後に結婚した(婆ちゃん勿論日本人。戦前に未亡人なってたので爺ちゃんとは再婚)。<br/>爺ちゃん、なかなか侮れんな。<br/><br/>嫁の爺ちゃんは福島の鋳物職人で、戦時中は呉の軍港で大和の砲身作ってたらしい。<br/>軍人さんよりも厳しく外出規制されてたんで、全然家に帰れんかったらしいが<br/>それでもかなり優遇されてたみたいなんで、やっぱ手に職があるのは良いなと思った。<br/>

  25. 25 :久々に名無しさん

    うちのじいちゃんも大和乗り<br/><br/>その後補給船にのったらまた沈められたって言ってた<br/>

  26. 26 :久々に名無しさん

    父方の爺さん:大陸で電線張ってた。電柱から転落して大怪我したらしい。軍曹まで昇進。終戦時に軍刀を持って帰ってきたが進駐軍の武器狩りを避けるため包丁に仕立て直すも使い物にならず捨てたとか。<br/>母方の爺さん:自分が生まれる前に死んだので軍歴については知らない。中々の好人物だったらしい。<br/>

  27. 27 :久々に名無しさん

    うちのじい様はインパール作戦で歩兵第58連隊として最前線で奇跡的に生き残った。<br/>密林で竹から出てきた白いサソリに刺されて死にそうになったり<br/>マラリアにかかったり<br/>色んな話いっぱい聞いたわ。<br/>一番印象に残った話は<br/>コヒマで交戦中、深夜に寝てたら日本軍の行進する足音を戦友共々聞いたんだと。<br/>その後終戦で捕虜なってたら英軍軍人が<br/>「コヒマでインド兵が真夜中に発砲しながら前線から勝手に退いたりしたのがあったが<br/>お前たちあの日の夜に攻めて来たのか?」って。<br/>その時、死んだ戦友の霊なのかなんなのかは分からんが本当に不思議な事は<br/>あるんだ。と語ってたなぁ。<br/><br/><br/><br/><br/>

  28. 28 :久々に名無しさん

    うちのじいさんは少尉さんですた。<br/>エリートコース走ってたみたいだぬ<br/>

  29. 29 :久々に名無しさん

    河原でねっころがっていたら自分の真上をの爆撃機が飛んでてちょっと焦ったって言ってたがそのくらいしか聞かされてないな・・・<br/>

  30. 30 :久々に名無しさん

    亡くなっているが友人の親が中尉で中国大陸で散々悪いことをしてきたと、写真を見たが、右手に軍刀左手に人の・・・。<br/><br/>友人は碌な者じゃ無いよと、人にまして孫に話せるものでは無いと、話せるのは、何のしてない奴だと言っていた。<br/><br/><br/>

  31. 31 :久々に名無しさん

    じいちゃん大砲直したりしてたから戦闘してなかったのかもな。<br/>戦争の話をしてる時じいちゃんニコニコ楽しそうに話してくれた。<br/>

  32. 32 :久々に名無しさん

    母方の祖父は満洲で通信兵をやっていた。<br/>戦況末期にたまたま受信できた撤退命令を聞き、南方に部隊は撤退。<br/>港までついて本土行きの帰還船に運良く乗船できたそう。<br/>船は魚雷攻撃を避けるため常に蛇行しながら大分の港?に向かった。<br/>やっとのこさ着いた大分の港?近くで敵機の機銃掃射に遭い命拾いする。<br/>その何日後かに終戦を迎え、祖父の上官は拳銃自殺したとさ。<br/>終戦直後、まず汽車で故郷へ向かおうとするがお金が無い為?に<br/>困惑していた。そこへ憲兵の人の手助けがありうまく乗車できた<br/>・・・だったかな。んで無事に帰郷できた・・・だったかな。<br/>直接聞いた話だけど記憶が曖昧だから内容に自信はないです。<br/><br/>父方の祖父は南方の島で塹壕掘りをしていたらしい。<br/>前線ではなく、そして敵との交戦も一切無く海外旅行に行ったようなもんだと祖父は振り返っていたそうな。<br/><br/><br/>

  33. 33 :久々に名無しさん

    今更かも知れないが、憲兵やっていたなんて知れたら戦後は、大変な目に有った見たいで憲兵をやっていた人間は、敗戦後その地をすぐ逃げ出したと聞いた。<br/><br/>怨まれる仕事だね、だから俺は元憲兵だったなんて言うのは、何もしてない人なんだろうね。<br/>

  34. 34 :久々に名無しさん

    >>30<br/>日本人なら日本語でプリーズ<br/>

  35. 35 :久々に名無しさん

    母方の祖父は特攻隊所属だけど終戦で生き残った<br/><br/>父方の祖父は兵器工場で回天のシャフト作ってた<br/>なんていう兵器で、どんな使い方するのかも知りながら作ってたみたい<br/><br/>何を考えながら出撃の日を待ってたのか、何を思いながら作ってたのか<br/>今はもう知る術はないけど<br/>

  36. 36 :久々に名無しさん

    >30<br/>それってあの有名なインチキ写真の事だろWWW<br/>

  37. 37 :久々に名無しさん

    こういう生の体験談のまとめは貴重かもな<br/>戦争経験者は軒並み80歳以上にまでなってきているし・・・<br/>

  38. 38 :久々に名無しさん

    父方の爺ちゃん<br/>兵役を逃れるため三重→九州の炭田へ<br/>そこで終戦を迎える<br/><br/>母方の爺ちゃん<br/>戦争末期頃、近所の高校のグラウンドに<br/>さつま芋植えてたらしい。<br/><br/>どちらも、あまり戦中の話はしなかったなぁ…<br/>

  39. 39 :久々に名無しさん

    うちのじーちゃんはシベリアで捕虜になったとき、白樺の木を使って作った雀牌で人生で一度きりの天和出したと言っていた。<br/>

  40. 40 :久々に名無しさん

    俺の母方の祖母の弟は神風で死んだよ。<br/><br/>隔世遺伝?っていうのか、俺はその弟に似ているらしい。<br/>ボケはじめてから、俺が見舞いに行くと「弟が帰ってきた!」って<br/>よく間違われた。<br/>

  41. 41 :久々に名無しさん

    うちの爺さんは父方も母方も戦争いってないな<br/><br/>父方の祖父は健康面に問題があったらしいが<br/>95まで生きた。酒が大好きな爺さんだった<br/><br/>母方の祖父はこれまた健康面で問題があったため兵隊にはならなかった<br/>故郷のみんなが盛大に送り出してくれたので、どんな面下げて帰っていいのか途方に暮れたらしい<br/>でも、故郷の人は爺さんが帰ってきたのを喜んでくれたようだ<br/>やっぱり酒好きで、地元の為にイロイロと尽力してたようだ<br/>葬式の時、結構な人が集まった<br/>

  42. 42 :久々に名無しさん

    ルンガ沖夜戦で駆逐艦高波に乗ってた。<br/>終戦時は乗る船がなくてずっと呉あたりにいたらしい。<br/>

  43. 43 :久々に名無しさん

    >>30みたいのは大体、話を捏造してる自傷・反戦活動市民団体のキチガイか<br/>あるいは本当に戦争に行ってたとしても、中共に洗脳されて帰ってきた中帰連のキチガイかどっちか。<br/>

  44. 44 :久々に名無しさん

    うちのはシナに飛ばされて<br/><br/>武器がないから包丁やら鍬やらを持って100人くらいで攻めてくる中国の農民を数人で機関銃で撃ち殺しまくったとかいってたな<br/><br/>そうしてたら流れ弾が頭に命中、しかしヘルメットと頭の隙間を玉がくるくるまわって元の穴から出て行ったんだと。当の本人は無傷だったがショックで気絶、気が付いたら記憶喪失というパターン<br/>

  45. 45 :久々に名無しさん

    父方の祖父は、怪我しなかったらガ島に飛ばされていたらしい。<br/><br/>母方は中国各地を転戦して帰ってくる。運良くシベリア抑留は免れるが、兄は参謀だったのでシベリア抑留。だが、気合で生き延びて帰ってきたらしい。<br/>「共産? 左翼? 馬鹿の集まりだろ」<br/>というのが口癖だった。<br/>

  46. 46 :久々に名無しさん

    海軍で偵察機の操縦してた<br/>戦闘はどうだかよくわかんないな<br/>去年の11月葬式の時に満州に飛んだとか特攻直前に終戦とか聞いた<br/><br/>いろいろ話せばよかったなぁ…<br/>

  47. 47 :久々に名無しさん

    母方が抑留組。引き揚げ記念館にそれが縁で連れて行かれた。<br/>相当過酷だったんだろう、何も語らず亡くなったそうだ。35<br/>

  48. 48 :久々に名無しさん

    母方のひいじいちゃんは陸軍大佐だったらしい。<br/>なぜか敵に捕まって捕虜になり、その後トランプ遊びを教えてもらって、<br/>帰ってきたんだって。<br/>

  49. 49 :久々に名無しさん

    母方の曽祖父は機関士だったから軍属として参加してた<br/>輸送中に潜水艦からの魚雷に当たって戦死しちゃったらしいけど<br/><br/>父方は祖父が徴兵される1年前に終戦、祖父の兄が満州行ってたが治安の良い場所だったらしく普通に帰って来てた<br/>ソ連軍から逃げる話を小さい頃に聞かせてもらったなぁ<br/>

  50. 50 :久々に名無しさん

    父方の祖父は山形で飛行機工場に勤めてたらしい。<br/>作ってた機種の名前も言っていたがうろ覚え…。<br/>紫電改だったか…?<br/><br/>

  51. 51 :久々に名無しさん

    海軍の結構偉い人だったらしい<br/>

  52. 52 :久々に名無しさん

    満州に行ってた<br/>見張りに立ってた夜、草むらから物音がしたんで敵兵かと思って短刀を投げたら野良犬が悲鳴を上げて逃げてったらしい<br/>聞くほうからしたら笑い話だが、本人はすごくびびったんだろうな<br/>

  53. 53 :久々に名無しさん

    名古屋で人間魚雷作ってた・・・という記事はないな。<br/>空襲されて、爆弾降ってくると、家まで逃げて帰ったと聞いたが<br/>その際に田んぼや川には死んだ人間がプカプカ浮いてたんだと。<br/><br/>ちなみに空襲がやむとまた工場に強制出勤。<br/>どんな地獄だよ。今からほんの70年前の話なんだぜ?<br/>

  54. 54 :久々に名無しさん

    俺、沖縄出身だけど沖縄のじっちゃんに聞いたら結構つらいの沢山聞けるぞ。<br/><br/>ちなみに、俺は、母方の婆ちゃんが、沖縄で看護婦やってた。砲撃の中排泄物を防空壕から外に持っていくのが一番怖かったっていってた。<br/>

  55. 55 :久々に名無しさん

    友達の爺ちゃんはパイロットで勲章までもらい<br/>戦後の「朝鮮進駐軍のウリは戦勝国ニダ」の時も<br/>●●さんの土地だけは守れと、村人が守ってくれた。<br/><br/>飛行機の操縦桿だけ、家の倉庫に記念に保管してた(笑)<br/><br/>小説ストライクウィチーズにも出てくる人なので<br/>調べればわかるかもしんない。<br/><br/>友達は「いつの間にか爺ちゃんが萌えキャラになってた」と笑ってた。<br/>

  56. 56 :久々に名無しさん

    (  `ハ´)『日教組』は、戦後中国帰り第1団の”アカに洗脳された人達が”作った組織アルよ<br/><*`∀´>その後パチンコ等の朝鮮マネーで、ウリに都合のいい歴史観にしてもらったニダ♪<br/><br/>(;´Д`)スパイ防止法制定し、破防法適用して『日教組』解体しろよ…<br/><br/>

  57. 57 :久々に名無しさん

    台湾に行ったとは聞いたことあるが…。<br/>

  58. 58 :久々に名無しさん

    父方の爺ちゃんはボケちまったから今更聞けないな・・・<br/>今度母方の爺ちゃんに体験談聞いてくるか<br/>

  59. 59 :久々に名無しさん

    漏れの爺さんは満鉄勤務で、終戦を聞いて命からがら最後の汽車で逃げ帰ったという。<br/>終戦後は旧国鉄に勤務したが、変わり者だったのか転勤を繰り返し、娘である母親は高校に上がるまで毎年転校するハメに。<br/>(リアル「センチ」状態)<br/>最近になって遺品の中から成績表が出てきたが、結構な成績で驚いた。<br/>

  60. 60 :久々に名無しさん

    うちのじいちゃんは金鵄勲章を授与されたらしいが<br/>機関銃部隊で、しかもただの兵卒でもらえるものなのか?<br/>

  61. 61 :久々に名無しさん

    俺の知り合いのお爺さんは特攻して米空にぶつかった瞬間終戦迎えた<br/>

  62. 62 :

    詳しくは聞いてないが、満州に居たみたい終戦後はおそロシアの捕虜になった後日本に帰郷<br/>

  63. 63 :久々に名無しさん

    長門に乗員してたらしい<br/>爆撃で戦友が目の前で死んでいったと説明されたな<br/>沈没寸前で戻って来て終戦<br/><br/>祖父の兄は 大和で重火器の清掃などをしていたらしいけど<br/>撃墜されたので その時亡くなった・・との事<br/>

  64. 64 :久々に名無しさん

    本人から聞いた話ではないので婆さんとか伯父さんとか人づてに聞いたのだが、ウチの爺さんは呉の海軍工廠にいたらしい。<br/><br/>駆逐艦やらの船底溶接したりして直してるときに有毒ガスが出てて気を失ってたら「寝るな!」って蹴飛ばされたそうだ。<br/><br/>その後、どういう経緯でかは知らないんだが船に乗ってラバウルとかに行ったらしい(おそらく歩兵としてではなかったんだと思うが)上官の毒見とか言って良い物食わせてもらったとか言っていたようだ。<br/><br/>その戦闘でオグラの種を持ち帰って家で植えたんだそうな。<br/><br/>大和にかんしちゃ~作る作業に借り出されたかどうかは分からないが伯父さんたちはやってたんじゃないかと言っているようだ。<br/><br/>戦後は国鉄に入ったらしい<br/>もうちょっとで亡くなってから20年くらいになるけどな<br/>

  65. 65 :久々に名無しさん

    うちの爺さんは満州で衛生兵をやってたんよ。<br/>軍医も居ないもんだから、自分で何でもやる癖が付いてたんだろうな…<br/>子供7人全部じぶんで取り上げて、腫瘍の程度なら自分で切開してとっちまってたんだそうな…<br/><br/>そうやって集めた今で言うカルテかい?<br/>自分以外には使えないだろうってんで、火葬場で一緒に燃されたんだそうな。<br/><br/>今の70~80代の医師ってのは戦中の衛生兵が多くなってたんで、医師免許を持たない人間が多いんだそうな。<br/>ただし技術は抜群だって周囲の老人は皆言っている。<br/>なんてったって負傷兵はそこらにゴロゴロしてるんだし^^;<br/><br/>また叔父さんは特攻隊帰りで、帰ってきた当時は荒れていて、上野で朝鮮人と喧嘩の毎日だったそうな^^;<br/><br/>

  66. 66 :九郎政宗

    母方の祖父<br/>京都第16師団に召集されて南京攻略に参加。捕虜その他の虐殺を経験。<br/>「南京大虐殺はなかった」なんて与太話はうちの家族には通じないw<br/>↓<br/>帰国<br/>↓<br/>南方戦線に召集される<br/>↓<br/>帰国している時に終戦<br/><br/><br/>母<br/>幼少時は召集された父親の顔を知らないまま育つ。<br/>大阪大空襲の爆音と煙は山一つ超えた母の住む町からも視認され<br/>無数の焼け焦げた紙片が降ってきたという。<br/><br/>父方の祖父<br/>病弱なため召集はされなかった。<br/><br/>父<br/>京都市内在住のためあまり戦災にはあってない。<br/>京都市南方にある陸軍の火薬庫が爆発した事故をおぼえているという。<br/><br/>父方の叔父<br/>特攻隊に志願したが終戦で命拾い。<br/>

  67. 67 :久々に名無しさん

    母方の祖父は、召集令状が来て一旦会津の方へ行ったらしい。<br/>そこで変なものを食べて腹を壊し、送還されたらしい…<br/><br/>母方親戚は何人か南方へ行っているがみんな帰還できたらしい…<br/><br/>父方の曾祖父、祖父は年齢の都合上で召集されず。<br/>祖父は工場勤めで神戸空襲と広島原爆に遭遇しかかったが、無事助かったらしい。<br/>

  68. 68 :久々に名無しさん

    南京虐殺は本当に有ったと思いますよ。<br/><br/>只、中国の言い分と日本の言い分が違うだけ10万か千人か、はたまた100人か、私が見た写真はネガ焼きで、捏造では無いと確信しています。嘘を付くような方で無く、誠実で誰が見ても立派な方で、だから戦争はしてはいけない戦争は人を狂わすと、腸を引きずり出すような話でした。<br/><br/>私がまだ18歳頃に聞いた話ですが、その頃はどちらかと言うと私は右派で、防衛や戦争は、時と場合に必然必要だと思っていましたが、話を聞き必ず避ける道が有る筈だと考えて居ます。<br/><br/>戦争に英雄は居ない100人助ける為に、1000人を殺す事だと、だから自慢話なんか無い後悔だけだと、その時はきちがいだったと自分に言い聞かして居ると言っていました。<br/><br/>20年も前友人のおじいさんに聞いた話です。<br/><br/><br/>

  69. 69 :

    戦争何だから虐殺は当然あったろ、だがシナが言ってる『南京大虐殺』は絶対にないね<br/>十万人殺した?は?アホらしい十万人殺しきる前に気が狂うっての<br/>それにこんなアホらしい事認めてしまったら家の爺さんの存在を否定してしまう事になる<br/>

  70. 70 :久々に名無しさん

    父親は戦争に志願で言ってきた、私が子供の頃言うことを聞かないと、木刀で尻を叩くそれは痺れる様な痛さ、声も出ないそれから半日正座させられせた物でした。<br/><br/>厳格な父親でしたね、戦争の話は聞いたら怒る絶対に話さなかった。<br/><br/>父はあの世に持っていくとも言っていた、でもたまに今の政治家や子供らは戦争の怖さを知らな過ぎると、新聞を見ながら呟いて居たのを思い出します。<br/><br/>何か重いものを背負いながら、父は他界して逝きました。<br/>

  71. 71 :久々に名無しさん

    外地に居て戦っていた人は話したくないだろうし、内地に居た人は日本の惨状を話す。<br/><br/>今はどちらかと言うと強いほうは、戦果をあまり言わなく、やられている方は、惨状を世界に発信しようとする、情報戦という奴だな。<br/><br/>当時の日本は前期は勝った勝ったの報道、終盤は惨状を伝え玉砕すれば、軍人の誉れだと報道、何が正しいのか判らない、それが戦争かな。<br/><br/>スレから大分ずれてた書き込みですが、ごめんね。<br/>

  72. 72 :久々に名無しさん

    >>69貴方は知らなさ過ぎる、広島・長崎・東京大空襲・何10万亡くなったか知らないの、自国の虐殺は関係ないのかい、南京は中国が誇大日本が過小と言う事、戦争なんてそんなものだよ。<br/><br/>平和な日本に生まれ、大して知識も歴史認識も無い子供が、戦争を語る何て言うのは故人対し失礼だ。<br/><br/>嫌韓流や嫌中流を呼んで刺激されたのだろうけどな。<br/>

  73. 73 :

    いやいや俺が何時中国や韓国を嫌いと言った?<br/>爺さんから戦時中の話を聞いてたからだけど、『歴史認識』もなく?確認してますけど、そんな風に言うなら家の爺さんが嘘吐きだと言いたいのですか?<br/>

  74. 74 :久々に名無しさん

    嘘つきだとは思っては居ませんよ、きっと本当の事でしょうね、戦争中は色々悲惨な体験をした方は沢山居ます。<br/>私の親の世代戦中派75~90台の人の話は色々聞いています、シベリヤで捕虜中国戦線で戦った方、スマトラ・フィリピン・台湾・朝鮮・沖縄・特攻隊・予科練の生き残りの元兵士・将校からです。<br/>生き残りと仕事をしてきた世代の親父ですからね。<br/><br/>それに私の義理の父は長崎で原爆で被爆者です、内部被爆で手帳を持っていますよ。<br/><br/>歴史を語るときは良くも悪くも絶対と言う言葉は、使うべきではない、その立場で考え方も認識も違うからです。<br/>

  75. 75 :戦後処理中

    >>69は子供だよ、精々15~20位かな、親は40台祖父は70台前半戦争に行ってないね、戦中教育で日本は神の国だ悪い事はしないと、大人になって立派な兵隊さんに成れと教育された。その世代は軍国日本が負けて話せるのは、空襲の話と戦後のひもじい思い、それと神国日本は絶対悪い事はしていないと信じる事だけ。<br/>もとい孫の世代のスレだったな。失礼<br/>

  76. 76 :久々に名無しさん

    今日の朝鮮人<br/>※2※75<br/>

  77. 77 :久々に名無しさん

    >>76中傷しか出来ないガキ<br/>

  78. 78 :久々に名無しさん

    戦争の賛否の話はとりあえずいいよ<br/><br/>戦時を知っている人の、2世代3世代↓が結局ギリギリのれっきとした子孫でしょ<br/>今このスレを見ている人が。<br/><br/>その世代が、テレビの話じゃなく爺さん婆さんの話を聞けるってのは<br/>貴重な事だと、良い悪いじゃなく。<br/>嘘、本当の歴史検証じゃなく、自分の爺さん婆さんの話を聞ける。<br/><br/>孫がこのWW2の事実を知らないってのは<br/>爺さんとしては(知らなくていい事ってのも、きっと本当なんだろうが)<br/>全く知らない、そしてその世代の人は馬鹿だと一言で済ませるのも悲しいでしょう<br/><br/>次の世代に話を聞かせられるのは今生きてる人だけなのだから。<br/>

  79. 79 :久々に名無しさん

    俺の死んだじいちゃんすごいよwww<br/>だって北海道に住んでたのに<br/>沖縄まで連れ出されて<br/>本島とかじゃなく<br/>孤島だったから<br/>敵が来たことも一回しかなくて<br/>安全な所で飯作ってたらしいwww<br/>それでもう戦場にそろそろ出されるって時に<br/>終戦になったらしいwwww<br/>

  80. 80 :久々に名無しさん

    父方のじいさんは出兵直前に終戦だったかな。<br/>で、ひいじいさんが憲兵だかなんかでシベリアに居て、虫の報せでも有ったのか抑留される直前に家族(じいさん含む)を本国に帰したとか。<br/>本当に紙一重のタイミングだったらしい。<br/><br/>確か母方の爺さんはいいとこの坊ちゃんだったから招集されなかったとか。。。。<br/>

  81. 81 :久々に名無しさん

    うちの死んだじいさんは海軍だったらしいが、戦時中、艦長の命令でずっと逃げ回っていたらしい。<br/>

  82. 82 :久々に名無しさん

    ノモンハンから帰って来た<br/>サイドカーに乗ってたらしい<br/>

  83. 83 :久々に名無しさん

    俺の爺ちゃんは脚悪くして戦争いけなかったと言ってた。<br/>それが悔しくて悔しくて、戦後に警察予備隊で出世しまくったとかなんとか。<br/>

  84. 84 :久々に名無しさん

    一緒に住んでいたひい爺さんは鉄砲小隊の隊長で爺さんは衛生兵だったらしい。<br/>嘘だと思ってたらひい爺さんの死後、国から総理大臣名義で賞状届いたり物置から当時の写真でたりでワラタ。ちなみに老衰で大往生でした。<br/>

  85. 85 :久々に名無しさん

    お祖父ちゃん(当時13歳)と曾お祖父ちゃんはとにかく戦争反対!!ってしてたって。<br/>非国民って言われて配給とかももらえなくて。差別とかは当然のことで、ボコボコにされたりとかして。<br/>曾お祖父ちゃんは自殺したって。<br/>お祖父ちゃんの背中に傷があるのね、それみるたびに悲しくて泣くと「馬鹿だなあ、こんな事で泣くんじゃあない。」って悲しそうに笑う。<br/>

  86. 86 :久々に名無しさん

    うちの爺さんの兄弟だが<br/><br/>豆の三八式で航空機落としたらしいぞ<br/><br/>その後戦死したが<br/>

  87. 87 :久々に名無しさん

    零戦パイロットで無事生還したけど戦時中の事は全く語りたからず、今となっては亡き人です。<br/>

  88. 88 :久々に名無しさん

    俺の祖父は戦艦長門の通信兵だったらしい<br/>戦争が始まってから終わるまですっとモールス信号を送ったり解読したりで、<br/>戦争っていうような感覚ではなかったらしい<br/>

  89. 89 :久々に名無しさん

    ひいじいちゃんはフィリピンで死んだって昔聞いた<br/><br/>

  90. 90 :久々に名無しさん

    じいさんは終戦少し前に太平洋に沈んだらしい。<br/>石が一つ入った骨壺が届いたそうな。<br/><br/>数字で見れば戦死した人は多かったが全体では少数派に過ぎず、<br/>片親になった親父はそのせいで学校でだいぶいじめられたそうだ。<br/>まだ幼かった頃の親父のじいさんの思い出は、じいさんが土産の<br/>バナナをいっぱい持って帰ってきた記憶だけ。<br/><br/>最近、親父が遺品の写真二枚を飾るようになった。<br/>名も知らぬ戦艦をバックにした数百人の集合写真と、<br/>今の親父より若いのに頭がハゲ上がったじいさんの写真。<br/>そこだけは時間は静かに流れてます。<br/>

  91. 91 :久々に名無しさん

    最近知り合った92歳のおじいさん<br/>陸軍で階級は下から2番目だったかな?<br/>戦争に3回行ってて、(シナ事変とか大東亜戦争とか)<br/>サイパン玉砕時にサイパンにいたって。<br/>3回の戦争で銃弾を3発くらってて(上腕・ふくらはぎ・わき腹)見せてくれた。<br/><br/>最後はハワイにあるの病院で治療を受けて日本に戻ったんだけど、<br/>葬式が済んでいて、卒塔婆を自分で捨てたんだって。<br/><br/>おじいちゃん92歳でも同世代の人たちと比べて体格がしっかりしているから、<br/>死なずに帰ってこれたんだと思う。<br/>こういう人がまさに生き証人ですよね。<br/><br/><br/>

  92. 92 :久々に名無しさん

    広大な中国大陸を馬を使って電報や指令を届ける仕事をしてたじいちゃん。<br/>地元民に襲われた事も何回もあり、それをできるだけ避けるために<br/>真っ暗で炎の明かりもない荒野や森林をただ突っ走っていたそうだ。<br/>

  93. 93 :久々に名無しさん

    最前線の話は聞かないな<br/>うちのじいさん海軍の技術職だったらしいけどスレ見てたらなんか戦場にも出てたみたいね、恐ろしく静かで周りの温度が数度下がる人だった<br/>夢は戦場の夢でうなされてたらしい、表彰状こそ飾ってあるけど<br/>文字を見るのも怒りが数時間収まらない朝鮮嫌いだった<br/>なんつーか人が違うよな<br/>もっと酷い人もいるんだろうが・・・<br/>

  94. 94 :久々に名無しさん

    えっと 伍長になってます おじが 軍曹 でした・・・韓国ですが;;<br/>ハーフですはいw<br/><br/>

  95. 95 :久々に名無しさん

    どんな活躍したかは知らんけど、腕に銃弾受けた跡があったなぁ。<br/>もう死んじゃっていないけど。<br/>弾は今でも家に保管してある。<br/><br/>

  96. 96 :久々に名無しさん

    天皇陛下の近衛兵だったらしい<br/>爺さんではなくてその兄貴だが<br/>当時におけるエリート層だったからそこに配置されたんじゃないかとのこと<br/>もっとも本人は無口で、一緒に住んでいるのにほとんど会話した記憶が残らないような人で<br/>爺さんが酔っ払ったときに一度きり話してくれただけだった<br/>

  97. 97 :久々に名無しさん

    父方の祖父は乗ってた戦闘機が墜落して、重傷を負って<br/>戦線離脱したらしい。その時まだ若いのに、歯がほとんど抜け落ちちゃった。<br/>母方の祖父は17、8歳で志願して兵隊になったものの、その頃は終戦間近で戦地にはいかなかったそうだ。<br/><br/>あと兄貴の友達のじいさんの話だけど、乗ってた戦車を真っ先に川に落として壊しちゃって<br/>戦場を歩きまわる羽目になったんだって。よく生き残ったよな。<br/>

  98. 98 :久々に名無しさん

    確か単機撃墜数8機、共同撃墜数9機のゼロ戦パイロットだったらしい<br/>階級や勲章は・・・忘れました<br/>

  99. 99 :初めての名無し

    <br/>自分の婆ちゃんの<br/>お兄さんはビルマで終戦した次の日現地の病院で死んだらしい。<br/><br/>めっちゃ優しいお兄さんだったんだってさ<br/><br/>みんなそうだけども。<br/><br/><br/><br/>

  100. 100 :久々に名無しさん

    うちのじいちゃんのお兄さんは日本空軍曹長であった。しかしながら亡くなってしまった…そしてうちのじいちゃんはお国のため東亜の平和のために戦いたくて年齢偽ってたらしい。でもそれまでに終戦してしまったと。昔はなんで年齢を偽ってまで戦争なんか行きたいんだろうかなあと思ってたんだが最近は理解できた。英雄になれるんだものね。なんか誇りが持てるよ。<br/>

  101. 101 :久々に名無しさん

    本スレ269とまったく同じ返答ワロタwwww<br/>

  102. 102 :久々に名無しさん

    本スレ2の似非死ね<br/>

  103. 103 :久々に名無しさん

    すまん後ろのスレの2だった死んでろ<br/>

コメントを残す

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事