1: ID:ePzT1Bgaa

(環奈さん=仮名・21歳・女子大生)

仕送りが減ったので、節約のため親友の由美子のアパートで食材を出し合って、2人で料理することになったんです。

ギョーザとチャーハンを作って食べた後、「一緒に入浴しよう」と誘われました。本音では「あんなに狭い浴室にどうやって2人で入るの?」って思ったけど結局、断り切れず入浴することに…。

湯船に浸かると、由美子はピッタリ体を密着させて笑みを浮かべます。それから私の全身を舐めるように見て、「でかいなぁ。たぶんDカップだね」と言いながら揉み始めました。さすが女同士、ズバリ的中です。
「明日、環奈は彼氏とデートなんでしょう?」
「まぁ、そうだけど…」
「じゃあ、デートできなくしてやる。これでどうだ!」

なんと有無を言わせず、私の胸にキスマークを付けたんです。
「何するのよ! これじゃあ、浮気を疑われて、何言われるか分からないよ」

私が本気で怒ると、お風呂から上がった途端、私を抱き寄せて胸を触りながら「ごめん。このきれいなオッパイを吸われるって想像したら、嫉妬しちゃった」と謝ってきました。

どう反応していいのか戸惑っていると、「彼氏より気持ちよくしてあげるから、明日のデートは中止にして」と言い、ベッドへ導いてキスしてきたんです。

柔らかい唇にミントの香りが漂う口内。舌を絡められたらもう、それだけで呼吸が乱れてしまいました。

由美子は乳首を左手で刺激しながら、右手は徐々にパンティーへ…。布地の上から指を往復されると、何度もキュンと膣口が収縮してエッチ汁が溢れ出ました。
「なんかパンツがすごく湿ってきたよ。女同士でも感じちゃう証拠だよね?」

ここで下着を脱がされ、2本挿入された指は、奥を目指して進みます。子宮の頭を指先で突かれた瞬間、意外にも「イヤ~ッ!」と大声が出てしまったんです。

指の出し入れはだんだん速さを増し、ピチャピチャと卑猥な音を立てながら高まりもピークを迎えます。
「ああっ、イク。何か出ちゃうよ。恥ずかしい…」

彼女はたぶん、潮が出るツボを知っていたのでしょう。昇天と同時にビューッと液体が飛びました。

その晩は徹夜でアソコがヒリヒリするまでいじられ、イキっぱなし。起き上がれないほどグッタリしちゃって、結局、彼とのデートは延期になりました。


2: ID:JEJtYrx00
奈倉
 
6: ID:IeMpkL1Sa
柏木
 
7: ID:vGrmBIFL0
柏木の変化球
 
15: ID:joAdKbcUa
柏木
 
16: ID:/MdV7o0ta
柏木
 
(書き手・奈倉清孝)

https://wjn.jp/sp/article/detail/9769891/

 
38: ID:G/xN7zpTx
>>21
うせやろ
 
22: ID:jwAWn0x80
>「イヤ~ッ!」

名倉感

 
26: ID:kj4i4X860
>>22
これやね
 
23: ID:NvcICsVPr
 
まじかよ
 
39: ID:AawY/obk0
奈倉にしては落ち着きすぎやん
 
46: ID:XPFQjDOi0
イヤ~ッ!とかエッチ汁とかは奈倉のそれ
 

引用元: https://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1591859907/

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事