1: ID:taWZ6FX30

(咲江さん=仮名・26歳・OL)

いきつけのバーに行ったら、竹野内豊似の素敵なオジサマが隣りに座りました。強いカクテルをグイグイ飲みながら、「近頃の女は下手すぎる」って私に絡んできたんです。
「何が下手なんですか?」
「フェラだよ。歯が当たって萎えてしまうんだ。20代女性の9割が、イカせるレベルに達していない」

こんな話を聞いて、正直言って腹が立ちました。というのも、私はお口でイカせることには、かなりの自信があったからです。

この日は仕事で嫌な思いをしてイライラしていたから、大好きなスクリュードライバーを普段の倍も飲んでいました。

酒の勢いもあって彼の発言が許せなくなり、「私も下手に見えますか?」と質問していたのです。
「ああ、まったくの初心者で、フェラのフェの字も知らないお嬢様に見えるよ」

この一言で私の闘争本能に火がつきました。
「じゃあ、勝負しましょう。もし射精せずに萎えたら、5000円払います。でも、私が勝ったら同額くださるかしら?」
「いいよ。ピンサロだってそのくらいかかるし」

私たちは店を出て、空き部屋になっている上の階に移動します。そこへ通じる階段の踊り場は人が来ないから、安心してフェラすることができます。

まずはズボンとパンツを下げてもらい、バッグの中に常備していた濡れティッシュでペニスをきれいに拭きました。私はチュパッと音を立てて顔を上下にスライドさせながら夢中でしゃぶります。

最初はお金がチラつきましたが、途中から無の境地になり、座禅を組んでいる時みたいな穏やかな心で男根を刺激したのです。

オジサマの快感と幸福を願う気持ちになったその時でした。「ううっ、負けました。もう出るよ」と裏声で快感を表現し、すぐに温かい液体が勢いよく噴射されたのです。
「いっぱい出ましたね」

わざと口からティッシュに滴るところを見せ、口内に絡みつく残りの液体をゴクンと飲み込みました。
「こんなに気持ちいいなら5000円は惜しくない。下手だと決めつけてゴメン。人は見かけによらないな」



5: ID:dJsRiJrwd
柏木
間違いない
 
6: ID:kuzXvkAh0
柏木
 
7: ID:lKNbHqcb0
設定がまだるっこしい
奈倉
 
8: ID:J3izdDR1d
ファンタジー要素が強い
奈倉
 
18: ID:aRaHzeZ50
このふわっとした感じ絶対奈倉
 
23: ID:lg9SNTFD0
奈倉特有の文章から伝わる荒々しさ
途中から面倒臭くなったのが伝わってくるよう
 
25: ID:ficFgZoQ0
こういう荒唐無稽さが柏木の良さ
 
34: ID:taWZ6FX30
(書き手・奈倉清孝)

https://wjn.jp/sp/article/detail/3700434/

 
36: ID:33hgkBAL0
なんだと!?
 
37: ID:LbBXmwbk0
クソッ
 
41: ID:OCDRCMSE0
5000円払ってフェラして貰ったとか男の勝ちやん
 
43: ID:FggCgi9UK
そらそうよタイトルからふざけすぎてるもん
 
44: ID:lKNbHqcb0
>この日は仕事で嫌な思いをしてイライラしていたから、大好きなスクリュードライバーを普段の倍も飲んでいました。

柏木は絶対こんな無駄な文入れないから

 
47: ID:dDN6RTPhM
こんなことあるのかよ
どこでもフェラしちゃう素人娘たち
 
48: ID:ficFgZoQ0
ワイもまだまだだな
 

引用元: http://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1572247090/

Twitterフォローお願いします!

おすすめの記事